胃の症状

スポンサーリンク

胃の症状

神経性胃炎の症状

神経性胃炎の症状としては、胃の痛みや吐き気、胸焼け、胃のムカつき、お腹の張り、みぞおちあたりの痛みなどが多いものです。吐き気や胃の痛みがひどくて眠れない可能性もあるかもしれません。胃潰瘍や胃がんなどの症状と同じですが、胃の検査をしても異常がみられない時に、神経性胃炎だと診断されます。神経性胃炎の特徴の一つが、胃の不快感を抑えるような薬を服用しても効果があまり見られないことです。それに、一時的な症状ではなく、慢性化しやすいのも特徴ですね。そのため、いつ胃の痛みが起こるか、いつまで胃の痛みが続くのか不安で、うつ病を発症してしまうこともあります。つまり、神経性胃炎の症状そのものがストレスになってしまって、悪循環を起こしてしまうというわけですね。神経性胃炎の症状が軽いうちに、ストレスの原因を取り除くことができれば、症状が好転することが多いでしょう。ただ、ストレスの原因を除去するなんて、そう簡単には出来ない事がほとんどです。神経性胃炎は、規則ただしい生活を送り、胃に負担をかけない食事を心かけるだけでも、かなり症状が軽くなるといわれているんですね。寝る時間と起きる時間をできるだけ一定にして、揚げ物や辛いもの、冷たいものを避け、一度に取る食事の量を減らすといいですね。空腹を感じる時間を減らし、クラッカーなどといった軽いものを二、三枚食べるとか、ホットミルクを飲むのも良いでしょう。温めた豆乳もオススメです。胃の痛みや不快感を感じた場合、大抵の方は病院に行くのを面倒がって市販の胃腸薬を利用してくださいよね。でも、胃の痛みの原因は何であるのか、どういう症状が出ているかによって、服用すべき薬は畭なってきます。間違った薬を長期的に服用しているうちに、胃潰瘍に陥ったと言うケースもありますから、胃腸薬を購入する際には、薬局にいる薬剤師によく相談してくださいね。そして、症状が治まらないようなら早めに病院に行きましょう。胃の検査では異常がなく、神経性胃炎だと診断されたけれども、実は、慢性膵炎だったという例もあるので、思い切って人間ドックを受けてみるのもいいですね。

急性胃炎の症状

急性胃炎とは、普段から誰にでも起こりうる病気です。胃の粘膜に何らかの原因で、急激に炎症を起こした状態を言います。胃の病気の中では一番多いのが、急性胃炎なのです。おそらく、ほとんどの人が、症状の重さの違いはあれど、経験したことがありますのでないかかもしれません。それでは、急性胃炎とはどういう症状なんでしょうか?急性というくらいですから、症状としては突然始まります。胃部の辺りに痛みを感じるのですが、特にみぞおち付近に激しい痛みがあることでしょう。吐き気や嘔吐、腹痛などが起こるのです。症状の強さは様々で、ひどい時は下血や吐血も伴うだといえるでしょう。あまりにも症状が激しいと、重い病気じゃないかとか、もう死ぬのではないかとか錯覚してしまうくらいつらいと言われているようです。通常は、一日から数日安静にして、胃腸薬を服用する事で治まります。胃が荒れているので、無理に食べると症状が強くなる可能性があります。様子をみながら栄養補給していきます。痛みや嘔吐が激しい場合や数日経っても改善が見られない場合は、病院に行って診てもらう必要があります。急性胃炎だと思っていたんですが、違う疾患だったという可能性もあるので注意されてください。同じようにみぞおち近くが激しく痛む疾患として、胆石症、胆のう炎、急性膵炎などがあります。場合によると、入院や手術が必要な場合もありますから、必ず病院に行き診てもらうようにしましょう。病院に行き、きちんと診て貰っておけば安心です。

慢性胃炎の症状

慢性胃炎の症状には、どんな感じのものがあるかご存知ですか?実は、慢性胃炎は無症状だということが頻発する病気です。症状としては、腹部膨満感や食欲不振、腹部不快感、胸やけなどが一般的ですねが、これらは慢性胃炎に特徴的な症状と言ったわけではないのです。ですので、症状だけで慢性胃炎と診断することは難しいです。もちろん、1か月以上も持続して起こるようなら、慢性胃炎が疑われます。それに、胃に炎症症状が現れた時には、吐き気や痛みを伴うと思っています。慢性胃炎を発見する為には、検査を行わなくてはなりません。その際、胃の内視鏡検査が有用です。口、または、鼻からカメラの付いた管を入れて胃の中を直接検査し、必要があれば、胃の細胞の一部を採取するという検査です。慢性胃炎そのものはどんな病気なのかといえね、胃の粘膜の状態によって判断されています。
表層性胃炎・・・胃粘膜表面で軽度炎症がある状態。
びらん性胃炎・・・炎症が起きて胃粘膜表面がえぐれたような状態。
委縮性胃炎・・・胃粘膜に委縮が起こった状態。
肥厚性胃炎・・・胃の粘膜表面が通常よりも厚くなった状態。
慢性胃炎の中で最も多いのが、委縮性胃炎なんだそうです。慢性委縮性胃炎になると、胃がんの発生率が高まりきます。そういったことから、慢性委縮性胃炎と診断されてた場合は、年に一度程度は定期的に検査を行っていく必要があるのです。近年では、ヘリコバクター・ピロリ菌が常在していることで、慢性胃炎を起こす原因になる事がわかってきて注目を集めています。

胃潰瘍の症状

一般的に胃潰瘍といえば、胃の痛みが出る病気といった認識が強いみたいですね。ですが、胃潰瘍の症状は、実はそれだけではありません。軽い状態ではゲップや吐き気、胸焼けや胃のもたれ感などのあまり深刻には受け取れないような症状から現れ始めます。その後、症状が進行したら、食欲不振や胃の痛み、みぞおちの痛みや背中の痛みといった症状も出てきます。更に進行すると、吐血や下血といった症状が出るケースもあるのです。下血の場合には、便に血が混じって黒い便が出るといったこともあるので、便の色にも注意が必要になりますよね。胃潰瘍による胃の痛みは、食後に強く出ることが多いのが一つの特徴になりますから、胃潰瘍の目安として覚えておきましょう。胃の不快感を感じたら、すぐに受診することがオススメです。その場では、しっかりと胃の検査をうけるようにした方がいいかもしれません。また、高齢者の場合は、胃潰瘍になっても痛みを感じないことがあって、病状が悪化してから初めて気がつくということもあるでしょう。それに、これらの自覚症状は、それだけのことで胃潰瘍だと判断できるものではないことも知っておく必要があるんです。例えば、十二指腸潰瘍や胃がんでも、みぞおちの辺りが痛くなったりすることもありますし、ただの飲み過ぎや食べ過ぎでも吐き気や胸焼け、胃のもたれを感じるケースもあるかもしれませんねよね。ただ、暴飲暴食による胃の不快感は摂生をすることで治まる一時的なとされているのです。胃を労わっても継続的に胃の不快感が続くようなら、できるだけ早く病院で診察や検査を受けてその原因をはっきりさせて下さい。何事もなければ、それに越したことはないので、軽い症状のうちに診察を受けるようにして下さい。

胃の症状記事一覧