めまい

スポンサーリンク

めまい

めまいの種類

めまいの種類には、大別すると四つあるかもしれませんね。回転性のめまい、動揺性のめまい、浮動性のめまい、立ちくらみ(眼前暗黒感)です。回転性のめまいの多くは、主に三半規管や前庭神経の異常が原因ですが、一部、脳が原因で起きることもあります。症状的には、自分か周囲がグルグルと回転するような感覚になる事です。代表的な病気としては、メニエール病、突発性難聴、前庭神経炎などがあります。動揺性のめまいは、頭や体がフラフラして揺れているような感覚になる事です。脳幹や小脳などの異常が原因で起きます。代表的な疾患は、脳幹・小脳梗塞や聴神経腫瘍です。回転性めまいが慢性化したり、薬物や視力低下によっては起こることがあります。浮動性のめまいは、体がフワフワと浮いたような感じになることです。船に上にいるような、雲の上を歩いているようななど、人によって感じ方も様々です。その原因もハッキリとはしていません。発症した症状がこの症状だけであれば、様子をみても良さそうですね。しかし、この症状が長く続いたり、麻痺症状も一緒にあるようなら、病院を受診しなけれねダメなのです。立ちくらみ(眼前暗黒感)は、経験したことのある方も多いかもしれません。座っていて立ち上がった瞬間にくらくらしたり、長時間立っていると目の前が真っ暗になったりします。これは、脳が虚血状態になることが原因で起こるのです。どちらかといえね若い女性や低血圧傾向のある人に起こりやすいようです。代表的な疾患は、起立性調節障害です。

めまいは点滴で改善できるの?

突然、めまいが起こってしまった場合、薬を飲んで安静にしていれば、ほとんどのめまいは治まります。しかし、めまいだけでなく、耳鳴りや難聴、立ちくらみ、動悸などが同時に起こるケースも多い事でしょう。もし、めまいと同時に吐き気や嘔吐がある場合には薬を服用出来ないとなっています。そういう時には、点滴で眩暈を治療することも可能なのです。それに、吐き気や嘔吐がなくても、何らかの理由で経口薬でのめまいの治療を行えない場合には、点滴で治療を行うケースもあるかもしれません。その際、応急処置として用いられるのが、炭酸水素ナトリウムです。水分バランスの偏りでめまいが起こるといわれているので、この炭酸水素ナトリウムで偏った水分バランスを整えます。どれくらいの原因によってめまいが起きているかによって使用する薬は変化するものですが、めまいの治療に主に使用されている薬はメイロンです。この薬は太平洋戦争時にパイロットが乗り物酔いしないようにと開発された薬です。他にも、めまいを発症した原因がストレスを強く感じたことによるのであれば、鎮静剤を点滴したりもします。この時に使用する薬は、抗不安薬であるセルシンなどです。また、めまいと同時に突発性の難聴を発症してしまう場合があります。この場合には、できるだけ早く、水溶性ハイドロコートンという薬を生理食塩水で溶かしたものを点滴する必要があります。突発性難聴(原因不明で突然起こる感音性難聴を総称した病名です)はとても危険なので、早急に点滴して処置する必要があります。上記で説明したように、めまいの種類は様々ですし、同時に起こる症状も違うため、処置の仕方も絶対に点滴であると言った訳ではないんです。

めまい記事一覧