口臭

スポンサーリンク

口臭

口臭の原因

口臭は、年をとることでひどくなっていくことが多いものです。でも、人の口のにおいは気になっても、案外、自分の口臭には鈍感な方も多いのではないでしょうか?また、自分では口の臭いを気にしていても他の人は気にしていなかったり、逆に、自分は気にしてなくても周囲の方は気になっているかもしれません。如何に身綺麗にしていても、口臭が酷けれね、イメージが悪くなってしまいます。それでは、口臭の原因にはどんなものがあります。多少の口の臭いがあったとしても、歯磨きをしたり、食事をしたりすることによってなくなる口臭であれば問題はありません。その場合には、口腔内の細菌の増殖や食べカス等が主な口臭の原因です。細菌の種類には、好気性菌と嫌気性菌とがあり、口臭の元になってしまうのは嫌気性菌です。嫌気性菌は、酸素が少なく、唾液の量の分泌が低下する事で増殖します。そして、口のにおいの元となる揮発性硫黄化合物をどんどん産生するのです。こまめに歯磨きをして、嫌気性菌を繁殖させないようにすれば、口の臭いも抑えられるでしょう。でも、口臭の原因が口の中にはない場合も少なくありません。それは、糖尿病や肝機能障害、腎機能障害、胃腸障害などの病気に原因がある口臭です。この場合には、揮発性硫黄化合物ではなくて、アセトンやアンモニア、ジメチルアミンなどが口臭の原因で、かなりの悪臭を伴います。ちなみに、胃腸障害の場合は、腸の中の悪玉菌が原因であるといわれています。歯磨きをしていても口臭が消えない場合や魚の腐敗したような悪臭がする場合は、内臓疾患を疑ってみる方がいいでしょう。口臭はその原因をさぐり、それに合った治療が必要となります。

口臭の種類

口臭を気にしている方はとても多いかもしれません。自分の臭いは自分では中々自覚しにくいと呼ねれているのですが、ふとした瞬間に、ひょっとすれね、自分には口臭があるではないかと考えることも多いようです。それに、貴方の口臭だけでなく、話している相手の口のにおいが気になることもありますよね。一度、口のにおいが気になってしまったら、楽しい話をしていても、話していること自体が苦痛になったりすることもあります。口臭というのは、主に、口腔の細菌や唾液の分泌量、食べ物のカス等が原因になることが多いでしょう。また、歯磨きなどをしっかりしているのに口のにおいが改善されないのであれば、何らかの病気が口のにおいの原因になっているかもしれないのです。口の臭いにも、いくつかのの種類があります。まず、代表的なよくある口臭が生理的口臭です。生理的と言う名前が表わすように、自然な口臭で、誰にでもあります。特に、起床直後に口のにおいを感じる人は多いはずです。あの臭いが生理的口臭です。生理的口のにおいは、緊張して唾液の量が減少したり、空腹時にも発生する可能性が高まると思います。でも、食事をしたり、歯磨きをすると口の臭いは改善されます。もう一つのよくある口臭が、食べた物や飲んだ物によって発生する口臭です。例えば、ニンニクやネギ、お酒、コーヒー、タバコなどが原因の口臭ですね。最も問題になる口のにおいは、病的な口臭です。病的な口臭の場合だったら、歯磨きをしても改善しないものですし、原因が分かっても改善するまでに時間がかかってしまいます。口臭の原因となる代表的な病気には、虫歯や歯槽膿漏などの口の中の病気があるそうです。その他にも、鼻やノドの病気、肝臓の病気、胃腸の病気、糖尿病なども、口臭の原因になってしまうでしょう。

口臭記事一覧