骨盤矯正

スポンサーリンク

骨盤矯正

知らず知らずに骨盤は歪んでいる?

あなたは自分でも知らないうちに骨盤が歪んでいるということに、気づいているようですか?骨盤は人の体の土台となっており、体を支える大切な部分であるために、骨盤が歪むと体全体のバランスが崩れてしまいます。骨盤は、日常生活の中で、生活習慣の癖などによって知らない間に歪みを生じてしまっていることが多いです。骨盤が歪んでいることに気付かずに生活行っている人も少なくないんですね。骨盤が歪んでしまう要因として、椅子に座る際についつい脚を組んでしまったり、片足に重心を乗せて立ったり、長時間の立ち仕事や膝をやや曲げて立つ等の動作です。また、買い物や生活の中で、重い荷物を腰を使って体全体で持つのではなくて、手だけで荷物を持ったり、床に座った時に足を横に曲げて座ったりする場合も、骨盤の歪みの原因となってしまいます。このようなことで知らず知らずのうちに徐々に骨盤が歪んでくると、体の不調に繋がってしまうのです。骨盤が歪んでいると、姿勢が悪くなったり、肩こりや腰痛を引き起こしたり、内臓の働きも悪くなってしまうでしょう。加えて、骨盤が歪むことで、新陳代謝も悪くなる為、むくみや冷え性、便秘などの原因にもなってしまうだといえるのではないでしょうか?このような症状がある場合には、知らず知らずに骨盤(妊娠中や出産後は特に歪みやすいといわれています)が歪んでいるかもしれないので、病院や整体で診て貰うといいですね。それに、骨盤にゆがみを生じさせないようにするためにも、日常生活の癖を少し意識して改善してみてください。

骨盤の歪みをチェックする方法

骨盤にゆがみがあるかをチェックできる手段があります。まずは、骨盤の高さにずれがないかを診るために、床に仰向けに寝てください。このときに、両足を肩幅に開き、左右の骨盤の位置をチェックし、左右の骨盤に親指をのせ、中指を床につけることで左右の骨盤の高さを比べます。もし、左右の高さが同じでなければ、骨盤がゆがんでいるということになりますね。また、肋骨と骨盤の間の長さを測ることでも、骨盤のゆがみが確認できると言われていますね。肋骨と骨盤の長さの測り方は、まず、しっかりと背筋を伸ばして、重心をきちんと真ん中に置くように気をつけて正座をしてください。この時に、左右同じ位置になるように、肋骨の一番下に親指を置き、中指か人差し指で骨盤の上の部分までの距離を量ってみましょう。片方だけが長い時は、骨盤にゆがみがある証拠ですよ。右側が長い時には左が、左が長い時には右側に骨盤が傾いてゆがんでいるということになります。他にも、仰向けに寝転がった時に、左右で足の長さが違ったり、真っすぐ立った時に肩の高さが違ったり、いつも片方の靴の特定部分がすり減るなどの際でも、骨盤がゆがんでいる可能性があります。骨盤がゆがむことで体全体のバランスが悪くなってしまうので、色んな部分で骨盤の歪みをチェックすることができると呼ねれているんです。これらはあくまでも簡易的なチェック方法ですが、いずれも簡単にできる方法なので、骨盤がゆがんでいるかもしれないと思った方はぜひ確認してみるといいと思います?

骨盤矯正記事一覧