肩こり

スポンサーリンク

肩こり

肩こりの治療は何科に行くの?

PCの普及により、今やデスクワークでパソコンを使わない企業はないと言っても過言ではなくなっていますよね。現在では、デスクワーク業務のほぼ全員が、自分用のパソコンを用いて働いている企業も少なくないことでしょう。それに伴って、肩こりに悩む社会人も爆発的に増加しました。もともとデスクワークでは肩こりになりがちな傾向はありましたが、常時同じ姿勢でパソコンモニターを見つめる業務では、更に肩こりになりやすい環境になってしまったのです。マッサージグッズや磁気ネックレスなど、さまざまな対策をしてる方も多いのですが、それでもなかなか肩こりから解放されない方も多く、肩こりが原因の頭痛に悩まされ続ける人もいますよね。余りにもひどい場合は、病院への通院も考えるでしょうが、どの病院にかかれば良いのか分からないという事も少なくないのです。実は、肩凝りの原因や症状により、診察してもらう科は変わってきます。例えば、眼精疲労が原因なら眼科と思っております。虫歯が原因の肩こりなら歯科です。寝違え等が原因で酷くなった場合には、整形外科だと言われているんです。頭痛などを伴う場合には、神経内科、または、脳神経外科を受診します。自分ではよく分からない場合には、まずは近隣の内科を受診して指示を仰ぐのも良いかもしれません。あるいは、総合病院に行って症状を話し、どの科にかかるのが妥当かを判断してもらうという方法もあるでしょう。

なぜ肩こりになるのでしょうか?

肩こりで悩む方は多いかもしれないですが、その要因として人それぞれですね。それでは、なぜ肩こりになってしまうためしょう。まず、かたこりの一番の原因として挙げられるのが姿勢です。最近では、パソコンを使ったデスクワークが多くなってしまった為に、常に肩や首の筋肉が緊張状態にあるものです。その状態が毎日のように続いていくと、慢性的な肩こりを感じてしまうようになるのです。また、パソコンのモニターを見つめる事から、眼の疲れからくる肩こりを感じている方も多いと思います。次に、肩こりの原因としてあげられるのが、寒さです。人間の体は、寒さを感じると、震えのように筋肉を痙攣させて熱を作りだそうとし、また、血管を細くして熱の発散を防ごうとします。すると、必然的に血液の循環が悪くなり、肩こりへと繋がってしまうのです。冬はもちろんの事とはいっても、夏でもクーラーの効いた部屋で体を冷やすと、肩こりの原因になったりもしますので、体を冷やさないようにする事が大切です。最近多い肩こりの原因に、ストレスも挙げられるでしょう。ストレスで肩こり?と感じる方もいらっしゃると思いますが、ストレスの影響は胃の痛みや頭痛、抜け毛など体の至る所に現われてきます。本人が気付いていなくても、マッサージなどをしてもらった際に、「肩が凝っていらっしゃるでしょうね」といわれており、初めて自分の肩こりに気付く方もいらっしゃいます。自分の肩こりが一体何からきている肩こりなのか、一度原因を確かめてみると良いでしょう。

肩こり記事一覧