関節痛

スポンサーリンク

関節痛

関節痛の種類

関節痛と言っても、その発症部位や症状の出方、原因などによって、沢山の種類があります。では、どのような種類があるでしょう?まずは、関節痛が発症する部位によって、種類を分けることが出来ます。
顎の関節痛
肩の関節痛
手・指の関節痛
肘の関節痛
背中(背骨)の関節痛
股の関節痛
腰の関節痛
足の関節痛
膝の関節痛
また、関節痛は発症部位だけでなく、その原因や症状からも分類することが出来ます。
野球肘・テニス肘・ゴルフ筋のようなスポーツによる酷使が原因の関節痛
更年期障害による関節痛
発熱の症状が出る関節痛
体質や免疫系統が原因のリウマチ
椎間板ヘルニア

腱鞘炎
主に老化が原因で骨の変形を起こす変形性膝関節症・変形性脊椎症
四十肩・五十肩などの肩関節痛
ぎっくり腰などの急性腰痛
慢性的な腰痛
成長期の子供に起こりやすい成長痛
出産後に起こりやすい股関節痛
風邪が原因の関節痛
このように関節炎には大変多くの分類の方法があり、それぞれで原因に違いがあったりします。ですから、まず、どの部分の関節が痛いのか。そして、原因は何なのかを知ることが、治療にはとても重要です。関節痛の種類によっては、放置していれば自然とよくなるものもあれば、放置しているとますますひどくなるものもあります。ですから、関節痛を感じたら、まずは専門の医療機関を受診して、診断を仰ぐようにしたいものです。

関節痛記事一覧