胃がん

スポンサーリンク

胃がん

胃がんのステージとは?

胃がんだけでなく、がんには「ステージ」というものがあります。ステージは、がんの症状の進行具合を示していて、1〜4のステージにわけられています。そのがんの進行具合がどの程度なのか、転移しているのかによって、ステージが決められていらっしゃいますからす。そのステージごとに治療方針が変わってくるので、どのステージなのかを知る事で、今置かれている状況を理解する事が出来ます。それでは、それぞれのステージに関して手軽に説明していきます。まず、ステージ1。この段階では、まだ自覚症状がありません。粘膜の下層まででがんが留まり、がんが広がっていなければ、早期がんと診断され、高周波電波によってがんを切除することもできます。ステージ2では、筋層や漿膜下層(しょうまくかそう)までがんが広がっている確率が高く、このステージになると進行性がんと診断されます。胃がんの手術というと、開腹手術をイメージする方が多いと思いますが、このステージの胃がんの手術では最も一般的な手術方法なのです。完全にがん部分を手術で取り除くことができれば、根治行うこともできます。ただ、患者さんが高齢者だったりすると、このステージでも手術は行わず、化学療法を用いることもあります。手術で胃を切除するため、普通の生活に戻るまでに時間がかかってしまうのですし、体にかかる負担も大きいのです。ステージ3までくると、胃の周辺の臓器にまでがんが転移しているケースが多いでしょう。胃以外の臓器を広範囲にわたって切除しなくてはいけないかもしれませんので、手術を行う前に抗がん剤を使用し、ある程度がん部分を小さくしてから手術をするなんて可能性もあると言えます。ステージ4はリンパ節に転移している可能性が非常に高く手術も行えない状況で、現状を維持していくしかないケースが多いです。ステージが進んでいたからといって、諦めてはいけません。胃がんのステージは、あくまでも適正な治療などを行っていくための目安だと考えてください。

胃がんの検査方法

胃がんを検査する方法について、ご紹介していきます。胃がんを検査する方法としては、以下の三つが代表的な検査です。
1、胃カメラ(上部消化器内視鏡検査)
1cm程度のカメラのついた管を飲み込んで検査します。胃の内部を直接検査することができますので、精度が高いのではないでしょうか?がんがあるかどうか?病変があるかどうか?その広がりや深さなどについても調べます。胃がんだけではなく、胃・十二指腸潰瘍や食道がん、その他の上部消化管疾患を全体的に調べることも可能になります。ここで病変が見つかった場合は、細胞の一部を採取し、病理組織検査を行って、顕微鏡でみて、がんかどうかを判断することになるでしょう。
2、胃部レントゲン
バリウムを飲んで、胃の状態をX線で撮影する方法なのです。胃カメラをするほどでもないと思われる場合に行われる事が多いでしょう。特に検診ではよく行われます。比較的精度は高い方ですが、小さながんの場合であれね見逃されるケースもあります。
3、血液検査(ペプシノーゲン検査)
胃の粘膜から分泌されるペプシノーゲンIとUの比を出すことによって、委縮性胃炎にかかっているかどうか調べます。この値が低下していれば、委縮が起こっていると考えられるのです。低下を示していれば、胃カメラの検査を行うことになりますね。胃の委縮は胃がんの発生率が高いので、ペプシノーゲン検査は胃がんのスクリーニング検査としても有用性があります。

胃がん記事一覧