不整脈

スポンサーリンク

不整脈

不整脈とは何か?

不整脈というのは、刺激伝導系のどこかしらに異常が起こり、心臓の収縮リズムに狂いが生じた状態を指します。 また、不整脈にはタイプがあって、大まかに頻脈と除脈の2種類に分けられます。 なお、頻脈というのは脈が増えることタイプであり、除脈というのは脈が減少するタイプとなります。 不整脈は、健康の具合に特に問題がない人だとしても、充分な睡眠がとれていないや喫煙のし過ぎなどによって引き起こされるのです。 心臓疾患のない人はあまり警戒する必要がなく、症状が認められない場合は特に何もしなくてもいいのですが、回数が多いようだと心臓疾患が潜んでいる恐れがあります。 なお、不整脈というくらいですから正常な脈拍があり、これは毎分60〜100と定められているのです。 従って、この毎分60〜100の範囲内におさまらない場合、不整脈ということになります。 不整脈が引き起こされると、動悸、息苦しさ、胸の気持ち悪さなどを招く事がありますが、特に症状が認められないことが大半を占めます。 このことから、心電図をはじめとする検査を受けた際に、不整脈だとわかることが往々にしてあります。 ちなみに、検査のたびに不整脈が生じるケースと、ときたま不規則に引き起こされるケース、発作と似た感じで一定時間のみ続くケースなど、どんな風に脈打つのか、どの程度の頻度で発生するのかは多種多様です。 このことから、家にいるときに動悸がして、医療機関で心電図検査をしてもらったけれど、不整脈が見つからないということも珍しくありません。 なお、不整脈の現れ方には、メンタル面の要素も少なからず関係しているのです。

不整脈と心臓の関係

不整脈と心臓の関係について取り上げていきますから、不整脈のことをよりよく知る為の参考にしてください。 心臓は体中に血液を届けるポンプの役割を担っています。 心臓には右心房と左心房、右心室と左心室からなっていて、心臓内に入った血液はこれらを順に回ることにより、ポンプの働きをこなすことが可能となっているわけです。 なお、体中に血液を届ける為には、心臓の外壁と内壁を形成する心筋の収縮によっては行われているでしょうね。 また、心臓には刺激伝道系と呼ばれる、心筋の収縮を行うよう命令を発する電気回路が存在します。 これは、一定のサイクルで発電所が生み出した電気を、心臓じゅうに届ける電線に近いものとなります。 なお、この発電所に該当するのは、右心房の洞房結節となります。 ここから生み出された刺激は、洞房結節、心房、房室結節、ヒス束、心室中隔を走る左右の脚、左右の心室といった順序で届けられます。 洞房結節により生み出された刺激が心房に届くと心房の収縮が行われ、心室に届くと心室の収縮が行われます。 こうして心筋の収縮が行われることにより、心室から体じゅうへと血液が届けられる事となるのです。 心臓の機能に異常が無かったら、こうした刺激が一定サイクルで生じ、毎回確実に心室まで届けられます。 一般的に、大人は安静時の状態で1分間あたり50〜70回ほどの規則正しい収縮、拡張が反復されています。 しかし、刺激の発生の規則性が失われて、電気がスムーズに届けられなくなると、心臓で行われている収縮や拡張のリズムに狂いが生じ、不整脈として現れるだといえると思います。

不整脈記事一覧