不妊治療

スポンサーリンク

不妊治療

基礎体温とは?

不妊治療において、基礎体温を記録することは大切になるはずです。では、基礎体温って一体どんなものなのでしょうか?人は、体を動かしていない睡眠時に体温を測ることで、生きていくために最低限必要となる体温を測定することができるといわれており、この生きるのに最低限必要となる体温が基礎体温と呼ばれています。その為、基礎体温は寝起きにお布団の中から動かない安静の状態で測ることが基本となっていて、基礎体温を正確に測定するために、婦人体温計を使う事が一般的なのです。基礎体温は、毎日寝起きに量るだけで女性の身体の内部で起こる微妙な変化を教えてくれますよ。女性の身体には、卵胞ホルモンと黄体ホルモンと呼ばれる女性ホルモンがあり、このホルモンの働きにより、女性は排卵や生理などが周期的に起こるようになっています。毎日基礎体温を記録して、あなたの卵胞ホルモンと黄体ホルモンの働きによる体の周期を知ることで、妊娠の可能性が高くなる日や妊娠の可能性などを知ることができ、不妊治療にも役に立つようです。また、ホルモンの乱れによって生じる不妊の原因を推測するためにも、基礎体温は役に立つだと言われているんです。不妊治療を行う上では欠かせない存在になっている基礎体温ですが、体調不良や生活リズムの乱れなどでも変化を起こすので、常日頃からの体調管理にも役立つと思います。それに、毎日なるべく一定の時間に基礎体温を測ることで、規則正しい生活を送ることができるようになるでしょう。

基礎体温の正しい測り方

不妊治療の際に、基礎体温が重要である事は知っている方もも多いでしょう。基礎体温を不妊治療に役立てようと思ったときには、まず、正しく基礎体温を測る必要があるといわれているのです。基礎体温を正確に測るためにまずやらなくてはいけないことは、婦人体温計を用意することです。基礎体温は、小数点以下2桁まで測定出来るという婦人体温計を使って体温を測定することが基本であり、精度が高いといわれるこの婦人体温計を使用する事により、わずかな体温差を正確に測ることが可能となっています。また、基礎体温は普通の体温計のように、いつでも気になった時に測ればよいというわけではなくて、測り方にも決まりが存在します。基礎体温は、最低四時間以上の睡眠の寝起きに動かない状態で測ることで、正確に測る事ができるのです。その為に、枕元に婦人体温計を置き、布団の中で寝たままの状態で測らなくてはいけないのです。それに、正確なデータを得るためにも、出来るだけいつも同じ時間帯に測定する事をすると良いですよ。さらに、計測時に注意することは、測る場所です。基礎体温は基本としては変動が起こりにくいといわれる舌下で測定するため、舌の付け根に当てて体温を測るようにしましょう。基礎体温は、測定後に体温をメモすると同時に、その日の体調や気分もメモしておくと後で基礎体温を見る時にも便利のだそうです。これらのことに注意して、継続することによって正しく基礎体温を測り、不妊治療に役立ててみてください。

不妊治療記事一覧