不安障害

スポンサーリンク

不安障害

上がり症の症状

そもそも、日本人の気質として上がり症を引き起こしやすいと言われているため、自分で気がついていないだけで、上がり症の症状に悩んでいる方が結構いらっしゃるでしょうね。上がり症の症状がどんなものなのかわかっていれば対処しやすいと思いますので、今回は上がり症の症状について説明しておきますね。上がり症の方に多くみられる症状としては、顔が赤くなってしまうり、手や足の震えが多く見られるでしょうね。これは、「赤面恐怖症」や「正視恐怖」とも呼ばれていますよね。「赤面恐怖症」は誰にでもあると思われ易いですが、案外、深刻な上がり症の症状の一つです。その名の通り、上司や先輩、異性の前などで顔が赤く火照ってしまう症状かも知れません。「正視恐怖」は人と対面した際にすごく大きなストレスを感じ、声や手が震えたりするだけでなく、自らの動作をぎこちなくさせてしまう症状です。仕事中にこのような症状が出てしまうと、その人の人生そのものに大きな影響を与えてしまう可能性があるので、何とかして治療していきたいですよね。上記で挙げる症状の他に、「吃音恐怖」と言った症状があり、これは人前に立つと精神的な不安から言葉がどもってしまう症状です。このような症状は、経験したことがない方には簡単に治療できそうだと思われ易いですが、簡単に治せないことが多いものです。それに、本人は周囲の方が思う以上に深刻に悩んでいる事が多いです。中には、上がり症を病気ではないと思っている方もいるかもしれません。でも、治療次第では症状を改善する事も出来ますから、自分の人生に影響を与えないためにも、できるだけ早く治療を行っていく必要があります。

全般性不安障害の症状と治療法

全般性不安障害という病気をご存じでしょうか?全般性不安障害は、不安障害の一種とされていて、その名の通り、不安による障害です。根拠のある不安と言うものは、誰にでもありますよね。しかし、不安を感じる理由がなくなればすぐに消えますし、後々まで続くことはないものです。全般性不安障害とは、根拠のない不安が後から後から湧いて出てきて、心の中を不安が占領してしまう病気です。何か悪い事が起こるのではないか?失敗するのではないか?怒られるのではないか?というマイナス思考の不安が長時間に渡って続くのです。心中はずっと不安なので、常にストレスを抱えていることになり、少しも休まることがないのです。そのうち、身体にも様々な症状が現れてきます。倦怠感、動悸、息切れ、めまい、頭痛や肩こり、胃痛などがよくある症状です。心配し過ぎる人を古くから「心配性」というのですが、わけもなく延々と心配している場合は、この病気が当てはまるのかもしれません。全般性不安障害の治療としては、薬を用いての治療が主になります。治療は精神科、または、心療内科でおこなうでしょう。抗不安薬や抗鬱薬などを用いて治療するというのが主流のようです。また、心理療法では自分の不安に対する原因や考え方の隔たりなどを訂正していくような認知療法を行います。不安が出てきた時に、心を落ちつかせることが出来るような呼吸法などといった訓練を行うこともあるでしょう。

不安障害記事一覧