顎関節症

スポンサーリンク

顎関節症

顎関節症の種類

顎関節症というのは、人それぞれに程度の差はあるものの、意外に身近な病状だったりすると思いますよ。顎関節症の種類としては、日本顎関節学会がT型からX型までに分類しています。主に、どこの部分でどのような障害が起こっているかということで分類しているはずです。その分類は以下の通りです。
T型・・・咀嚼筋に痛みを生じるもの。
U型・・・関節包や靱帯の障害によって生じるもの。
V型・・・関節円板の障害によって生じるもの。
W型・・・骨に障害が生じるもの。
X型・・・T〜Wにはあてはまらないけれど、顎関節部分に異常を生じるもの。心因性の場合も含まれる。
この中で一番多いのは、V型なっていますよね。V型の場合には、口を開け閉めする時に、「カクン」といった音が鳴ることが多いです。この音は、関節円板が本来の位置からずれていらっしゃいますからに鳴るようで、悪化すると口が開けにくくなったりします。ただ、特に治療を必要としないような症状の軽い人や自分が顎関節症だと自覚していない方も多いはず。T、U型に関しては痛みが生じる場合がほとんどですが、V、W型については、痛みが生じない場合も多いみたいです。しかし、必ずしも顎関節症の全てがこの種類に当て嵌まるというわけではなく、いくつかの種類が合わさっている場合もあります。顎関節症かなと思ったのなら、まずは一度、口を大きく開けて、閉じてみるといいかもしれません。それで、もし、カクンと言うような音がするのであれば、顎関節症の可能性が高いと言う事なんです。

顎関節症の症状

顎関節症の症状には、どのようなものがあるんでしょう?まず、一番多いのが、あごの痛みですよね。噛んだり、口を開閉したりする時にあごが痛みます。次に、口を開閉する時に、「カクン」「シャリシャリ」「ミシミシ」と言う音がする場合もあります。音はするけれど、痛みがない場合も多く、顎関節症であることに気付いていない人もいるかもしれませんね。ただ、痛みがないのであれば、特に治療は要らないことが多いのです。もし、口を大きく開くことができないという症状があったら、顎関節症を疑った方がいいかもしれません。顎関節症は、徐々に口が開かなくなる場合もあれば、いきなり開かなくなったと言うケースもあります。逆に、口を閉じることができないこともありますね。歯のずれや、噛み合わせに違和感を感じる場合もある他、あごの歪みや顔のゆがみがみられるようになる場合もあります。部分によって症状が違うというよりも、人によって症状が違います。また、顎関節症が引き金になって、様々な全身症状を引き起こす場合も少なくありません。その代表的な症状というのは、肩凝りです。肩凝りには、あごや首の筋肉も深く関係していると言われています。加えて、頭痛や自律神経の乱れ、不眠などに繋がったりもしますし、耳の痛みや耳鳴り、めまい、目の疲れ、歯の痛みを感じることもあります。あごではなく、あごの周辺に痛みを感じるケースもあるかもしれません。食べ物を飲み込みにくかったり、話し難かったりするのも、顎関節症の症状としてよく起こりがちです。以上のように、顎関節症の症状というのは、単にあごやその周辺だけに限定されるのではなく、多岐に渡っているためす。

顎関節症記事一覧