病気を自分で治す

スポンサーリンク

定期健康診断について

病気を自分で治す前に、やはり早い段階で発見早期治療が大事になってくるのです。

 

定期健康診断は事業主が常時雇用の労働者に対して実施するを義務化している健康診断のことになります。このことは、労働安全衛生法第66条に定められていることです。

 

健康診断は、健診とか健康診査とも呼ばれているでしょうが、特定の疾患のみ発見するために行われるものは検診と呼ばれます。また、健康診断は学校や職場や地方公共団体によって法律で実施するように義務付けられているものと、受診者の意思で行うものがあります。

 

定期健康診断の結果は、事業主は各労働者について過去五年分を保管しなければならないでしょう。健康診断をすることで健康を維持して病気(予防することで発症や再発を防げることもあるようです)を予防することができます。

 

生活習慣病(脂質畭常症、肥満、高血圧、糖尿病、心臓病、脳血管疾患、動脈硬化、歯周病、骨粗鬆症など、たくさんの病気があります)やガンなどを早い段階で発見するためにも、定期健康診断は必ずうけるようにしましょう。最近では脂質異常症高血圧糖尿病といった脳や心臓疾患についての症状が出ている人が増えているようです。

 

また、健康診断には、企業が年に1回従業員に健康診断を行うように法律で義務付けされた定期健康診断。企業が従業員を雇う際に実施するように法律で義務付けされた入社時健診。けんぽなどが生活習慣病を予防するために行う健康診断が生活習慣病予防検診などがあります。

 

受診者の意思で行う健康診断では、診断書を発行してもらうことが目的となっており、一般的には健康状況を評価してもらうために行われています。全身を詳しく検査して多くの疾患を早期発見しようとしたサービスは人間ドックと呼ばれ広く普及されるようになりました。

 

医者嫌い?いそがしい?自分で治す方法もありますが、最初の段階では定期的に健康診断を受けるようにされて下さい。

定期健康診断の検査項目について

定期健康診断は全部で11個の検査項目があり、定期的に変更されています。

 

<平成20年改正>
@ 既往歴や業務歴の調査、喫煙歴や服薬歴の調査
A 自覚症状や他覚症状の有無の検査
B 身長、体重、腹囲、視力、聴力の検査
C 胸部X線検査、喀痰検査
D 血圧測定
E 貧血検査
F 肝機能検査
G 血中脂質検査
H 血糖値
I 心電図検査
J 尿検査

 

以上の検査項目で指摘された症状を自分で治す努力をすることによって悪化を防ぐことができます。

ガンの早期発見について

ガンは時間が経てば経つほど転移していくので、早期発見・早期治療が重要になってきます。

 

ただ、通常の定期健康診断ではガンを発見することはほぼ無理です。したがって、定期健康診断以外に追加項目にガン検診を受けるようにするのがベストです。

 

年に1回ガン検診をすることによって、早期発見早期治療に繋がります。いまはガンは治らない病気ではないのです。自分で完治させる方法もあるくらいです。忘れずに定期健康診断に組み込むことをおすすめします。

 

また、毎年健康診断を受ける事によって、数値やデータを1年前、2年前と比べる事が出来ます。比較することによってその変化を確認できますので、自己の健康管理にもつながります。毎年同じ医療機関で健康診断を続けて受けるようにされて下さい。

 

一番大事なことは、定期健康診断を受けることではありません。結果としてを受けて、次にどういう行動をするかです。現在の知識レベルでは、自分で病気や症状を治療することも可能です。

 

検査結果を見落とすことなく、細かく閲覧するようにしましょう。最近は、素人の人にも分かり易く説明されるようになっていますので、ガンだけでなく、他の病症にも注意して下さい。